「ぷち・ドラゼミ」

王道のしまじろう「こどもちゃれんじ」非会員の我が家。
ライバルの「ぷち・ドラゼミ」の資料請求をしてみました。

こういう通信教材って
子供は結局付録のオモチャが楽しみで
お勉強ブックはたまる一方・・・

こういうパターンに陥りがちですよね?

私も小学生の頃「学研と科学」をやっていて
まさにそのパターンでしたから ^^;


毎月届く教材を使いこなせる?


ぷちドラゼミで良いな〜と思ったのは
「学習習慣」をつけるしかけ。

「1日2ページを毎日継続!」を実践するために
「ごほうびスタンプ」や「カレンダー&シール」などの付録がついていて
子供の達成感とやる気をかきたてる工夫がなされていました。

1日2ページでは「公文」みたいに量はこなせないけど
いちばん大事な「習慣」がついてくれることは長い目で見て嬉しいですよね。

実際にはまだまだ親のサポートが必要でしょうから
習慣化できるかどうかはママにかかっているようなものですが・・・^^;



【どっちが経済的?】ベネッセ「こどもちゃれんじ」v.s.小学館「ぷちドラゼミ」


しまじろうの「こどもちゃれんじ」と
ドラえもんの「ぷちドラゼミ」の値段を
【年中コース】で比べてみると・・・

 ぷち・ドラゼミ  2,268円(月額・税込)
 こどもちゃれんじ 2,336円(月額・税込)


う〜ん、どっちも同じようなものですね。

でも

「2千円ちょっとならやってみようかしら?」

っていう主婦の心をくすぐるこの微妙な価格設定、
実にうまいですよね(笑)



【内容の違いは?】ベネッセ「こどもちゃれんじ」v.s.小学館「ぷちドラゼミ」


しまじろうで「エデュトイ」と言われる知育玩具が毎月届くのに比べて
ドラゼミでは玩具教材が届くのは特別月のみ。

その代わりドラゼミでは
「やってみようテスト」「できるかなテスト」という
添削テストが年に2回あったりと
玩具付録が少ない分
机上のお勉強系プログラムに力を入れているのが特徴の1つです。




【英語も学べる?】ベネッセ「こどもちゃれんじ」v.s.小学館「ぷちドラゼミ」


「ぷちドラゼミ」では年に1回
「えいごってたのしいな」というCDつき絵本が届いたり

「こどもちゃれんじ」では
DVD教材の中に英語のコーナーが組み込まれていたりと

どちらも英語は含まれているものの“申し訳程度”という印象は拭えない。

「えいごって何?」と興味をもつだけならこれでも良いけれど
これだけで英語が身につく!ということはありえない。

ベネッセなら「こどもちゃれんじEnglish」
小学館なら幼児英語教室「ドラキッズ」が別途あるように
英語は英語屋さん(専門教材・教室)にという選択の方が懸命。


↓↓↓ 今すぐ「無料サンプル」を取り寄せたい方はコチラ ↓↓↓




<我が家の結論>


しまじろうの「こどもちゃれんじ」と同じく
「ぷち・ドラゼミ」がないと学べない!という内容は見当たらなかったので
我が家には必要なさそうですが・・・

元々ドラえもん大好きっ子には
楽しくやる気が出て良いかもしれませんね。


無料資料請求をすれば
サンプルDVDやブックの他に
全体像が分かりやすい冊子が送られてくるので
「ベネッセのしまじろうしか頭になかった〜!」という人も
自分の目(子供の目)で実際に比べてみると楽しいと思います^^



↓↓↓ 今すぐ「無料サンプル・資料請求」したい方はコチラ ↓↓↓


体験談・効果

選び方

Q&A

口コミ&アドバイス

幼児英語教材

幼児通信教材

英語講師のつぶやき

カテゴリ

このサイトを検索

Copyright(c) 2015 DWEとWKE【口コミ・評判】3年間の実体験談 All Rights Reserved.
ネットトレード