七田式「はっぴぃタイム」

幼児教育と言って思い浮かぶのが「七田式」

そしてその幼児教室が「七田チャイルドアカデミー」

娘と同じ月齢のお友達が0才からその「七田チャイルドアカデミー」に通っていると聞いて
「赤ちゃんから塾に通うんだ!」と驚いたのを覚えています。



七田の教室レッスンを自宅で再現!?


その七田式の教室レッスンと同じ様な学習が家庭でも出来るというのが
この七田式家庭学習システム「はっぴぃタイム」


幼児期の「右脳教育」で評判の高い七田だけあって
教材内容には
読み聞かせ絵本(←英語じゃないけどこれが結構面白い!)はもちろんのこと
フラッシュカードやドッツ、絵描き歌や指の体操まで収録されたDVDなど
とにかくオリジナリティ満点!


フラッシュカードって自宅でママがするとなると
意外と難しくて結局継続できなかったりするので
DVDの映像とともにフラッシュされるのはありがたいかもしれませんね。


しまじろうで有名なベネッセの「こどもちゃれんじ」や
小学館の「ドラゼミ」といったメジャーどころとは
全く異なるプログラム構成がとても新鮮でした。



英語教材としては不十分


この七田式家庭学習システム「はっぴぃタイム」
「英語」に特化した教材ではないので
英語についてはフラッシュカードで英単語が出てくる程度です。


「英語耳」を鍛えるというより
すべての分野に共通する「記憶力」など
幼児期の基礎能力(右脳開発)を鍛える教材ですね。


時々「初回半額キャンペーン」というのもやっているみたいなので
社会勉強のためにも(!?)1度試してみるのも楽しいかもしれません。
(私は楽しかったです。笑)


↓ ↓ ↓ キャンペーン情報はコチラ ↓ ↓ ↓
はっぴぃタイム


ちなみに、人気子役の本田望結ちゃんも
1歳の時から七田に通っていると一時話題になりました。
(現在、七田チャイルドアカデミーのイメージキャラクター☆)

「記憶力や集中力は七田のお陰!」とご両親が絶賛されていましたが
売れっこ子役でありながらスケートでもトップクラスである望結ちゃんのマルチな才能は
七田の効果なのでしょうか^^


さらに・・・
競泳バタフライで15歳にしてリオオリンピックの代表に決まった
池江璃花子選手。
彼女も七田っ子だそうです^^ (お母様が七田の先生!)




❐ 人気記事:「ディズニー英語システム」「ワールドワイドキッズ」両方購入した訳

「えいごであそぼPLANET」

言わずと知れたNHK教育テレビの人気番組
「えいごであそぼ」から誕生した幼児向け英語教材ですね。


何と言っても

 「英語を学ぶ」ではなく「英語であそぶ」

というコンセプトに私はとっても共感できます★★★


<教材面>
DVDではフォニックス、チャンツ、ダンスなど
色々なコーナーがテンポよく展開されて
ベネッセ同様、子供を飽きさせない工夫がてんこ盛り。
(このテンポの良さは「ディズニーの英語システム」にはない特徴かと!)


教材はDVDの他に
CD、絵本、タッチペン、カード、パペット人形、絵辞書など
バランスの取れた内容も流石。

教育番組に力を入れている「NHKエデュケーショナル」と
教育専門の出版社である「旺文社」との強いタッグだけあります。


【無料体験版】えいごであそぼ PLANET




「えいごであそぼ」はオススメなんだけど・・・


英語教室の生徒さんに
おうち英語のオススメとして

「NHKのえいごであそぼとか、オススメです!」

と言っているのですが・・・

「『えいごであそぼプラネット』を買ったほうが良いよ!」

とは言っていません^^;


逆にテレビが見られる環境さえあれば
平日毎日のように「えいごであそぼ」は放送されているわけで・・・

テレビ放送を録画して見るだけで十分です。


むしろテレビ放送は
番組放送日に合わせてプログラムが組まれているので
「ハロウィン」や「クリスマス」など
季節に合ったテーマをタイムリーに楽しめるところも魅力です。




私なら選ばないけど◯◯としては・・・


英語の量も質もやはり
「ディズニーの英語システム」に比べると物足りなさは拭えません。

教材の英語ペンも
「ディズニーの英語システム」に比べると・・・

細かい表現のフォローまでは見られません。


↓↓↓ 今すぐ「無料サンプル」を取り寄せたい方はコチラ ↓↓↓




純粋に英語を楽しむ1つの(高い)オモチャとして

と言ったらNHK&旺文社さんに怒られるかもしれませんが・・・

まさにこの教材のコンセプトである「英語を楽しむ」という意味では
「楽しむ」ことが最大の目的と割りきって
お子様との愛称も良ければ価値はあるかもしれません。



こちらも無料サンプルがあるので
「おうち英語」のバリエーションの1つとして繰り返し見ながら
お子さんの反応を見てみるのも楽しいと思います♪


↓↓↓ 今すぐ「無料サンプル」を取り寄せたい方はコチラ ↓↓↓




利用できるものは(タダで!)利用しなくっちゃ(^_-)




「こどもちゃれんじEnglish」

私が選んだ
「ディズニーの英語システム」
 と
「ワールドワイドキッズ(by.ベネッセ)」
にはないメリットが沢山あります!


定期的に届けてくれるシステムで
お値段も月額3,000円前後とお手頃!

子供を飽きさせない楽しい場面展開は
高額英語教材
「ワールド・ワイド・キッズ」と同じく
さすがベネッセ!!

ただ・・・

「子供が楽しめること」と
「英語が身につくこと」との間には
ギャップが有ります。

確かに楽しくないと続かないので
「楽しいこと」は
幼児英語教材選びの大前提なのですが・・・


気になるデメリット


週1回1時間で効率良く学びたい「英語教室」なら
日本語での説明もあって良い(むしろメリット)と思うのですが
同じものを繰り返し試聴する家庭用DVDや本で
日本語が多用されているのはかなりマイナスポイント。


幼児期の英語習得は
とにかく「耳を鍛える」ことですから。。。


実際、お子さんが「英語教室」に通っている家庭で
しまじろうの「こどもちゃれんじEnglish」を家庭で補助的に・・・
と購入されているママも多いようですが
難易度の低さと日本語の多さに
途中退会される方も多いようです。


こんな目的ならアリかも


  • 「英語」というものに初めて触れるきっかけとして

  • 通常の「こどもちゃれんじ」と同様に
      毎月届く玩具の1つとして

という感覚で
「こどもちゃれんじEnglish」始めるのは良いかも知れません。



「英語を身に付けさせるため」という目的ならば
値段が安いなりに
かなり物足りない感じがしました。

これだけで「英語が身につく」ことは
あり得ない・・・


でしょうね^^;



↓↓↓ 今すぐ「無料サンプル」を取り寄せたい方はコチラ ↓↓↓

体験談・効果

選び方

Q&A

口コミ&アドバイス

幼児英語教材

幼児通信教材

英語講師のつぶやき

カテゴリ

このサイトを検索

Copyright(c) 2015 DWEとWKE【口コミ・評判】3年間の実体験談 All Rights Reserved.
ネットトレード